ソフトテニスを通して大切なことを思い出した人間の日記

別に日本一なれるなんて思っていません。
自分が本気になり、求めさえすれば、
いつだって、何歳になっても最高の瞬間を味わうことが出来るし、
最高の生き甲斐、幸せや充実を感じることが出来る。
例え日本一になっても、この心が分からなければ意味がない!

ソフトテニスを応援する中での感じたことや想いを綴って行きます。(過去に書き留めていたことも投稿します。)
娘たちやその仲間たちへの想いが主になります。
個人的主観を丸出しで行きますので、よろしくお願いします。

理不尽との闘い

このステージの最終段階に入っていることを実感します。
様々なことで願いを叶え自分らしく生きるほどに、
ずっと違和感を感じていた場所で理不尽さを感じる出来事に出会います。


でもやはり今年は違うのです。
絶対に乗り越えなければならない試練だと思えるのです。
大きな変化がある予兆がするのです。


理不尽な人は教えてくれます。
何故、心のままに生きないのか?
何故、直感に従わないのか?
ここは君の生きる場所ではない!


あと少し、もう少しの辛抱です。
投げ出してはいけない!
切れてもいけない!


時を待て!
闇が深ければ深いほど、
夜明けは近いのだ。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。