ソフトテニスを通して大切なことを思い出した人間の日記

別に日本一なれるなんて思っていません。
自分が本気になり、求めさえすれば、
いつだって、何歳になっても最高の瞬間を味わうことが出来るし、
最高の生き甲斐、幸せや充実を感じることが出来る。
例え日本一になっても、この心が分からなければ意味がない!

ソフトテニスを応援する中での感じたことや想いを綴って行きます。(過去に書き留めていたことも投稿します。)
娘たちやその仲間たちへの想いが主になります。
個人的主観を丸出しで行きますので、よろしくお願いします。

初めての賞状~

低学年女子 予選リーグ2位抜けトーナメントで準優勝でした。
本人にとって三回目の大会でしたので大変に喜んでいました。


決勝で敗れた時には泣いていました。
この涙も初めての涙ですね。


ソフトテニスを通して心身共に成長させて頂いてます。
親である私をワクワクさせてくれ、夢中にさせてくれています。
子供の自立を妨げない、良きサポーターでありたいと思います。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。