ソフトテニスを通して大切なことを思い出した人間の日記

別に日本一なれるなんて思っていません。
自分が本気になり、求めさえすれば、
いつだって、何歳になっても最高の瞬間を味わうことが出来るし、
最高の生き甲斐、幸せや充実を感じることが出来る。
例え日本一になっても、この心が分からなければ意味がない!

ソフトテニスを応援する中での感じたことや想いを綴って行きます。(過去に書き留めていたことも投稿します。)
娘たちやその仲間たちへの想いが主になります。
個人的主観を丸出しで行きますので、よろしくお願いします。

夜の体育館練習

限られた時間
平日の貴重な時間に練習する機会を作ってくれるコーチに感謝します。


もうすぐ卒業して行く6年生と
これからクラブの中心になって行く下級生たちに大切な話をしてくれました。


どんな障害や困難があろうと、
時として自分のことが嫌になろうと、
この時代、この世に生まれてきたことを感謝して
そして思い切り楽しんで行きます。


我が子、そして縁ある子供たちのために
ただそれだけを最優先に生きて行くのです。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。