ソフトテニスを通して大切なことを思い出した人間の日記

別に日本一なれるなんて思っていません。
自分が本気になり、求めさえすれば、
いつだって、何歳になっても最高の瞬間を味わうことが出来るし、
最高の生き甲斐、幸せや充実を感じることが出来る。
例え日本一になっても、この心が分からなければ意味がない!

ソフトテニスを応援する中での感じたことや想いを綴って行きます。(過去に書き留めていたことも投稿します。)
娘たちやその仲間たちへの想いが主になります。
個人的主観を丸出しで行きますので、よろしくお願いします。

大きな転機

最近はやりたいことより、
やるべきことに多く時間を取られていました。
大きな転機を向かえています。
急遽決まった子供の大学の寮への入寮。
ジュニアの6年生の門出の会
仕事の大きな転機。
踏ん張り所でした。


牡羊座の新月を向かえることもあり、
少し立ち止まって心の中を振り返りたいと思います。
自分は何をしたいのだろうか?
何を望んでいるのだろうか?


何かに熱中し没頭することが大切であり、
自分が望む人生であることは間違いありません。


やはり、子供たちのソフトテニスの応援に没頭したい。
そのことが最優先なのですが、
それぞれの社会的役割の中で果たすべき使命もあるようです。
仕事も新天地を目指すのか?
それとも改革が役割なのか?
大きな流れを感じます。


たまには真剣に人生を考えてみます。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。