ソフトテニスを通して大切なことを思い出した人間の日記

別に日本一なれるなんて思っていません。
自分が本気になり、求めさえすれば、
いつだって、何歳になっても最高の瞬間を味わうことが出来るし、
最高の生き甲斐、幸せや充実を感じることが出来る。
例え日本一になっても、この心が分からなければ意味がない!

ソフトテニスを応援する中での感じたことや想いを綴って行きます。(過去に書き留めていたことも投稿します。)
娘たちやその仲間たちへの想いが主になります。
個人的主観を丸出しで行きますので、よろしくお願いします。

ソフトテニスに感謝

このコートで長女も次女も必死に練習して、
今はフェンスの外で応援をしていた三女が練習をしています。


ほんの何年か前のことなのに、
あの頃の仲間たちはもういない・・・


ソフトテニスには感謝しかありません。
沢山の感動をもらいました。
忘れかけていたものを思い出させてくれました。


親として私が一番強く思うことは、
子供たちの秘めた能力を開花させて上げたい!
ソフトテニスが大好きという気持ちを大切にしてあげたい。


その思いの先には、
人格を否定する言葉など存在しない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。