ソフトテニスを通して大切なことを思い出した人間の日記

別に日本一なれるなんて思っていません。
自分が本気になり、求めさえすれば、
いつだって、何歳になっても最高の瞬間を味わうことが出来るし、
最高の生き甲斐、幸せや充実を感じることが出来る。
例え日本一になっても、この心が分からなければ意味がない!

ソフトテニスを応援する中での感じたことや想いを綴って行きます。(過去に書き留めていたことも投稿します。)
娘たちやその仲間たちへの想いが主になります。
個人的主観を丸出しで行きますので、よろしくお願いします。

基本中の基本

様々指導論はあると思いますが、
変わらない、不変な基本があると信じます。
その基本をベースに
その基本の先に応用があり、オリジナルがあり、
新しい技術の進歩があると思うのです。


カットサーブを打つ前の左手の手首、
これが全てです。
我がジュニアのコーチは、この手首の重要性を語ります。
とても大切にしているのです。


ここから全ての技術がスタートするのです。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。